外壁塗装や色々なサービス~快適環境実現LIFE~

一軒家

外壁塗装に適した時期

作業員

住宅などに施した外壁塗装は劣化が進んでしまうと、建物全体に悪影響が起きるものです。そのためできるだけ建物にダメージを与えないように、早期の異常発見が大切なのです。しかし、外壁塗装を行う際には様々な点に注意しておく必要があります。外壁塗装の効果を最大限に得るためには、塗装の施工に最適な時期を知っておくことが重要なのです。外壁の塗装に最適な時期と、最適とは言えない時期は季節で判断することができます。外壁は気候の状態に大きく影響を受けるものなのです。
一般的な常識として、気温が五度を下回っている場合、外壁塗装を行うことは避けたほうが良いとされています。外壁の塗装に使用される塗料は寒い時期には乾燥までに掛かる時間が非常に掛かってしまうとされています。塗料に書かれている説明にはほとんどの場合使用環境の注意に関して、気温や湿度などのことが書かれているでしょう。
外壁塗装の塗料は乾燥が遅れることで様々なデメリットが発生してしまいます。もしも塗料が固まらない状態で外壁塗装を行ってた場合には、翌日の作業の時間になっても固まることがないため、思ったように作業を行うことが出来ないといった問題が起きてしまうのです。そのため寒い時期に外壁の塗装を行うことは適切ではないとされているのです。こういった理由から外壁の塗装にうってつけな季節は春や秋の季節になります。比較的暖かで塗料も固まりやすく、実際に作業を行う職人にとっても集中して施工を行ないやすいと言える暖かい時期が外壁塗装にはおすすめです。
岐阜などの地域では特に気候の変動が激しく、外壁塗装には注意が必要です。岐阜は主に飛騨地方と美濃地方に分けることができ、美濃地方は特に極端に季節によって気温の差があります。飛騨地方は冬場は雪に埋め尽くされるほどなので完全に外壁塗装は行なえません。岐阜に住んでいる人の多くが夏場や、春、秋の内に外壁塗装を行っているのです。岐阜に住んでいる人は注意して外壁塗装を行っていきましょう。