こんな水道水漏れ修理業者には要注意!特徴を確認しよう

水道水漏れ修理業者が行っている工事内容を紹介

water.net

こんな水道水漏れ修理業者には要注意!特徴を確認しよう

男性

最近の蛇口にはいろいろなものが取り付けられている

水道修理を依頼する事例のほとんどは、蛇口から水漏れが起きてしまっています。最近の蛇口は、浄水器などがついている複雑なものが多いため、それらの交換は非常に複雑になっています。一昔前と比べて交換の難易度が高いでしょう。

作業員

難しい修理

以前よく使用されていたシンプルな構造の蛇口であれば、簡単に交換することができるでしょう。ですが、最近使用されている蛇口は、種類によって取り付けや取り外し方法が異なります。なので、修理の際はタイプ別に取り付け方を知っている専門業者に依頼した方がいいでしょう。

蛇口

自分で交換するリスク

自分で蛇口を注文して取り換えることも可能です。しかし、その場合は蛇口以外の部分を壊さないよう慎重に作業する必要があります。もし蛇口の接続部分などを壊してしまうと、のちのち修理費用が高くついてしまうでしょう。自信がない方は、壊してしまわないよう初めから業者に依頼しましょう。

蛇口

蛇口の種類

現在主流となっている蛇口は、大きく分けて3種類あります。ワンホールタイプが最も使用されている蛇口と言われています。台と蛇口の接している部分が、一か所になっています。もうひとつはツーホールタイプですが、こちらは台に取り付ける箇所が二つあります。最後に壁付です。その名の通り壁に取り付けるタイプの蛇口となっています。

注意すべき水道水漏れ修理業者ランキング

工具
no.1

料金が不透明

水道業者とトラブルになることの多くは、料金に関するものです。修理にかかる料金が知らされておらず、作業が完了してから高額な料金を請求されるという事案があります。それを防ぐためには、初めから料金の見積もりを取ってもらうようにしましょう。

no.2

追加工事をすすめてくる

水道修理を依頼しただけなのに、あれやこれやいろいろな工事を勧めてくる業者は危険です。便器や配管などの交換もして結果的に数十万円の請求をされてしまいます。なので、必要な工事以外は勧められても必ず断るようにしましょう。

no.3

料金が安すぎる

他の水道修理業者より少し安い程度なら構いませんが、安すぎる場合は利用するのをやめた方がいいでしょう。基本料金など費用の一部のみを提示して、後からさまざまなオプションを付けた料金を請求されることもあります。

広告募集中